音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『恋に狂って』その②

さて、残るはエレキ、ピアノ、オルガンの3パート。
とりあえずいちばん手っ取り早くできそうなオルガンの音を録ることにした。
バラードならば裏メロなどをあれこれ考えるのだが、軽快な曲なのでコードメインでよかろう、前半はコードだとちょっとうるさいので単音でやるか…?
しかし単音では逆に音が小さい。
結果、前半はオクターブ、サビはコードで録ってみた。

そうこうしているうちに連休になった。
休日は録音に集中できるチャンスである。
エレキは夜中でもできるので、懸案であったピアノにチャレンジすることにした。

ピアノは案だけで白紙状態である。
まずは音を拾うところから始めねばならない。
音の駆け上がりは単音ではインパクトがない。
オクターブで弾くときれいに響くのでオクターブにしたい。
それは分かっているのだが、実は今までそういう弾き方をしたことがない。
まずは指の練習からなのである。
オクターブとそれに続くコード…Bメロの部分なのであるが、ここを集中して弾く。
何度か弾いているうちに指がついて来るようになったので録音。
ここができるとサビ。
サビは2音で進めたいのであるが、どの2音にするかをまず決めなければならない。
あれこれ探り、響きのいい2音が決まるとこれを指と目に覚えこませる。
そして弾けそうになると録音。
これだけで同じフレーズを何回弾いたのだろうか…?
忍耐の要る作業である。
そしてイントロとAメロはコード弾きなので比較的早く終わり、ふむふむ、いい音が録れたわい、と満足して一日が終わったのであるが…

翌日はエレキの日、と思ってここまでの録音を聞いてみたのだが、どうもピアノの音が鮮明でない。
アコピからのライン録りでは籠もったような音になってしまうのである。
う~む、どうするか?
苦労して録ったピアノ、没にするのはもったいない。
しかしこれではなぁ…

暗澹たる気持ちの中、それでも気を奮い立たせキーボードのブライトピアノの音を使ってもう一度弾き直してみた。
こちらは逆にちょっと音が軽すぎるような気がするのだが…それでもアコピよりは音が鮮明である。
結局キーボードの音を採用することにした。
同時にイントロ、Aメロではピアノが入るとちょっと音の重なりがくどいように思えたので(アコギの音が目立たなくなってしまう)、この部分は消去することにした。

さて残るはエレキである。
まずは間奏のソロ。
少し捻りと深みがある音がいいな、と思いMTRのエフェクトからClearSkyという音を選択し、なんとなくこんな風、というイメージは出来ていたので、これまた音を拾い指を動かしてみる。
動くようになったところで録音。

ここでまた思案。
間奏部分に登場したエレキ、実際にライブで演るとすると間奏だけの登場というのも寂しい。
しかしリズムはアコギでやってるし、曲の雰囲気からしてアルペジオはあるまい。
そうすると所々でのオカズということになるのだが、ピアノとの兼ね合いもあるし、どう食い込ませて行くか?
あまりやり過ぎるとうるさいし。
などと考えていて、ふと伸ばした指が何気なく6、5弦に触った。

お、こりゃイントロに使える!?
さっそくイントロの出だし2音に6、5弦の開放音を合わせてみた。
いいじゃん、これ。
そのまま音を下降させてみる。
うむ、使えそうだぞ…しかし響きからするとハーモニクスの方がきれいだな…でも下降音全部のハーモニクスは無理だし…
何かいい音はないか?とMTRのエフェクトを捜したところ、GtPadというのが見つかった。
いわゆるバイオリン奏法のような音である。
見つけたときには小躍りした。
へぇ~、こんなのがあったんだ!!

そのままイントロを録音。
それから曲を流しながら適当にオカズを弾いてみて、最終的に最小の絡みだけにすることにした。

さて、最後の仕上げはリズムの設定である。
MTRのリズムガイドを使うのであるが、最近はドラムのオカズにも結構こだわりが出てきたので、ある部分はバンクをそのまま使い、ある部分は打ち込む。
これがまたなかなか時間のかかる作業である。
打ち込んでは聞き、聞いては打ち込み…2日がかりの作業になった。

そしてすべてのパートが出揃い、いよいよミックスダウン。
ミックスの後はマスタリング。
こうして『恋に狂って』が出来上がったのである。

いつも思うことであるが、曲のアレンジというのは何度も何度も聞き返していると(作業の過程で聞き返さざるを得ないのであるが)、次々と新たなアイデアが湧いてくるものである。
現時点ではこれがベストなのであるが…例えば、Bメロの部分、音の重なりがチラッとだけグロッケンのように聞こえるところがある。
実際にここにグロッケンを入れてみたら…とも思うのだが、その労力を考えて今回は目を瞑ったが、こういうところにもアレンジの種が潜んでいるのだなぁ、と思う。

作曲、作詞から始めてアレンジ、演奏というのは何度やっても面倒な作業である。
しかし出来上がった作品は自分的には名作である。
何と言っても自分の好み通りに作っているのだから。

さて、ひとつが終わったから、また次に進まねばならない。
既にアイデアの萌芽があるのだから…

スポンサーサイト
  1. 2007/09/22(土) 04:12:12|
  2. 曲作成の過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なかなか大変だ… | ホーム | 『恋に狂って』その①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otodamakoji.blog78.fc2.com/tb.php/41-02b590b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。