音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽器について:ベースギター②

今回も続編です。
このブログがベースマンを志す人々の一助になることを祈って!(笑)

さて、無謀にもベース初録音した曲は『雨告鳥』である。
スローな曲なのでこれくらいいけるだろう、とやってみたのだが。
ま、聞いてくださった方にはわかるであろうが実に稚拙である。
しょうがないか…
(できれば再録音したいと密かに思っている。)

そしてその少し後にはレゲエのリズムの曲に挑戦。
『禁断のうた』なのであるが、なんとここでは冒頭にベースソロまでやっちゃってる!
無謀にも程があろうというものだ。

しかしこの曲は苦労した。
レゲエのベースってどうやるのか、皆目見当がつかないうちに始めてしまった。
ここで苦肉の策。
キーボードのオート伴奏でレゲエのリズムを選択し、それを参考にベースラインを作り上げた。
我ながらナイスな発案である。(笑)

それからは新曲以外にも過去の曲のリテイクを開始した。

のだが…

弾いているうちに気付いたことがある。
私は人差指が短い。
どれくらい短いかというと中指とおよそ一関節分の差がある。
約2センチである。
これが2本指で弾く奏法の大きな障害となった。

指弾きの場合、基本的には人差指と中指を交互に使う。
しかし4弦を人差指で弾いたあとに中指で弾くというのは実に弾きづらいのである。
手首を90度近く曲げないと両指先が同レベルの位置に来ないのである。

困った私はそこは適当にすることにした。
すなわち、弾きやすい方の指で弾く、と。
たとえば人差指、あるいは中指の連続使用あり、ということ。

そんなんだったらピック奏法にすればいいじゃないか、という声も聞こえてきそうである。
しかし私的には『ベースは指で弾くべきである』というこだわりがある。
根拠は何もないのだが指で弾いてこそベース、なのである。
ま、どうでもいいことであるが。

そうやって親しんでいるうちに、何となくベースラインらしいものも作れるようになってきた。
が、しかし、派手なというか音数の多いベースラインはまだまだである。

ここであるベースマンの言葉を紹介しよう。
『音数が多くて目立つベースを弾くよりも、まずリズムに乗ることが大切である。下手に音数を増やしてリズムに乗り損ねるくらいならルート音だけを拾っているほうが良い。』

なるほど。
ベースとはそういうものか。
納得。

基本に忠実な(都合の良いことだけ)私は原点に帰ることにした。
すなわち、まずルート音を中心にときどきオカズを加える程度のベースラインを弾くことにしたのである。
この方針で現在に至っている。

それにしてもベースは面白い。
音楽を聴くときにベースに耳を集中して聴くといろいろな発見がある。
派手に暴れるベースもあれば本当に音数の少ないベースもある。
それらがしっかりと楽曲の土台(まさにベース!)を支えている。
私にとっては開発の余地がたっぷりとある楽器である。

唯一の泣き所は…
一生懸命弾いていると、気がつけば左手の指の腹の部分がつるつるになってしまうこと。
これ、仕事上困るんです…(^_^;
スポンサーサイト
  1. 2007/06/22(金) 03:41:16|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CDできました。 | ホーム | 楽器について:ベースギター①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otodamakoji.blog78.fc2.com/tb.php/32-24ba3b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。