音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽器について:アコースティックギター②

アコギを弾くことについて書こうと思ったら、ついつい筆が滑ってアコギ歴の話になってしまった。
回想している場合じゃない。
本題に入らねば。

さて、かような変遷を経た私であるが、アコギは相変わらずジャカジャカと弾いている。
4半世紀過ぎてもそのスタイルは変わっていない。
というか、ちっとも進歩していない。

昨今はヒーリングブームもあってかアコギインストが脚光を浴びている。
ソロギターでは押尾コータローを筆頭に新しいスタイルが確立されているし、またゴンチチ、山弦、デパペペのようなデュオ、そして石川鷹彦を筆頭に「名手」といわれる方々も次々とアルバムを発表している。
私とてこういうスタイルに憧れがないわけではない。
長年アコギを弾いているのであればそれなりのテクニックを身に付け、人様に『う~む!』と言わせてみたいものである。

しかしそれは無理なのである。
なぜかというと…練習が嫌いだから。

いやいや、そう言ってしまうと身も蓋もない。(笑)
が…正直、上手くなろうという根性がないのですな。

それでも挑戦したことはあるのですよ。
実際、スコアブックも何冊か買ってるし。
でも、ダメ。

まずCDを細かく分析して聞くのが面倒くさい。
次にTAB譜を読むのが面倒くさい。
ここでこっちのフレットに移って指はこれ、リズムはこうで、とやってはみるのだが…

確かに同じように弾けると嬉しくはある。
しかし・・・最大の難関はそれを記憶できないことである!
これって歳のせい?

たぶん8小節くらいはいけるんじゃないかと思う。
でも、まっさらの状態からCDを聴いて音を覚えて、TAB譜を追って指に記憶させるためには、8小節で1時間くらいはかかるでしょう。
そしてなんとかクリアーしても次の8小節で1時間。
こんな具合では1曲終わる頃にはきっと途中を忘れているに違いない。
仮に1曲全体をクリアーしてもそれを忘れないためには復習せねばならない。
こんな大変な作業、やってられません!

おまけにきれいな音を出す下準備。
爪の手入れ(これは仕事がら無理!)やフィンガーピックの装着(こんなもの使ったことがない!)。
もう考えただけでタメ息が出ますわ…。

そう思うとアコギインストをやっておられる方々って本当にすごいなぁ、と思う。
これがプロなのね、っていう感じ。
私もアコギインストもどきを数曲アップしているが、やっぱショボいなぁ…

あ、また話が少し横にそれてしまった…。





スポンサーサイト
  1. 2007/06/12(火) 05:42:31|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楽器について:アコースティックギター③ | ホーム | 楽器について:アコースティックギター①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otodamakoji.blog78.fc2.com/tb.php/26-ac48ec8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。