音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽器について:アコースティックギター①

音楽ネタがないのでそれぞれの楽器について書いてみようか、と思った次第。
手始めはアコースティックギターについてである。

アコギとのつきあいは長い。
私の履歴のところにも書いたが中学1年からのつきあいであるので、かれこれ…37年!

うへっ!

さて、そんな長いつきあいであるにもかかわらず、手にしたギターは数少ない。

最初は兄のギターを弾かされていたのだが(あくまで「弾かされていた」のであり、自発的行為ではない)、初めて手にしたマイギターは近所の兄ちゃんに貰ったメーカーもわからぬギターであった。
濃い茶色のギターでピックガードがなかったため自分でシートを買ってきて貼った。
これが白のシートだったので自分的には茶と白の対称が気に入っていた。
おそろしく弦高が高かったように思うのだが…そして中学生の身分でそうそう弦も張りかえられなかったので弦はいつも錆びていたような気がする。
あのギターはいつ頃、どうして手放したのかは記憶に無い。

次に手にしたギターはヤマハのギター。
高校生の時、近所の友達に『俺、弾かないから買わない?』と言われて7500円で譲ってもらった。
型番は知らないが値段からして相応の機種だったのであろう。
これは大学入学時に布団袋に入れて送ったらネックが折れてしまった。
大変悲しかったことを覚えている。
しかし金がなかったので折れた箇所をボンドで貼って使っていた。

そんな中、軽音楽部に入部したのだが、まともなギターひとつ持っていなかった私は肩身の狭い思いをしていた。
軽音楽部員となれば、皆それぞれそこそこの楽器を持っているものである。
バイトで金を貯め、当時発売されたばかりのオベーションを買ったヤツもいた。
しかし貧乏学生だった私は生活に手一杯でとてもギターに大枚をはたくようなことはできなかった。
そんな私を不憫に思ったのか、グループを組まないかと声をかけてくれた先輩がギターを貸してくれた。
先輩は新しいギターを買ったところだったので古いギターを貸してくれたのである。

これは確かトムソンだったように思う。
ヘッドのロゴがそれとなくギブソンに似ているやつ。
在学中はずっとこれを使い続けた。
そして先輩は卒業し、ギターは返されることなくそのまま私の元に残った。
ま、要するに借り取りしてしまったわけです。(^_^;

そして私も卒業、就職、結婚、独立…となり、途中、ギターを弾かない時期もあったがこの間もずっとこのトムソンを所持していた。
そして平成に入ってから数年、子供もちょっと大きくなった頃、またギターを爪弾くようになり、マイギターが欲しくなった。

貧乏だった昔に比べ、まあそこそこの小遣いもあるので思い切って買っちゃおう!と思ったのである。
これが初めて自分で選んで買うギターである。
ギター雑誌を読んで最近のギターをチェックして想いを馳せながら、意気込んで楽器店に出かけた。

しかし小心者の私はそこでも大枚をはたくことはできなかった。
なぜなら己の腕前を知っていたからである。
雑誌で紹介されている10万円を越えるようなギター、その音色はすばらしいのであろうが、そして憧れがないわけではないが、家でポロポロ弾くだけの私にとってはそんなものを買っても猫に小判である。

そして何度か楽器店に足を運び、いくつか候補を挙げ、迷った末に最終的に買ったのが現在の Morris MR-1 である。

決定要因はまずルックス。
まずエレアコなのでボディが大きくない。
(私はいわゆるラージタイプのギターが好きではない。音量はあるのかもしれないが、なんか不恰好、と思ってしまうのだ。)
そしてエレキギターのようにペグが横一列になったヘッド。
さらにサンバーストの渋い色。

次に握ってみての感触。
好みは細いネック、低い弦高。
要するに弾きやすいということ…力が要らないということである。

最後に音色。
そこそこの音量とシャランとした軽やかな音、それでいて残響も良い。

マーチン、ギブソンをはじめとする高級機種に対する憧れは未だになくもないが、このMR-1はまさに相棒と呼ぶにふさわしいギターである。

で、例のトムソンはその後どうなったかというと…兄に譲っちゃいました。
先輩、まだ覚えているかなぁ…

すみません。


それにしても最近の若い人はすごい。
楽器店で見ていると高校生が平気でオベーションなんかを買っていく。
いや、実は彼らもバイトなどして苦労して貯めたお金で買っているのかもしれないが…

いい機材を持てば腕前も上達するというのは一面真実であろうが…
どうも私のような古い人間には納得のいかない光景なんだよなぁ…。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/11(月) 06:30:06|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<楽器について:アコースティックギター② | ホーム | オトナのラブソング>>

コメント

こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★タッキ~☆闇黒魔人★です!


こっそり遊びに来ました~^^

また遊びにきます~♪
応援(ノ´∀`)でした♪
  1. 2007/06/11(月) 16:58:25 |
  2. URL |
  3. ★夕ッキ~☆闇黒魔人★ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otodamakoji.blog78.fc2.com/tb.php/25-2f3951f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。