音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『恋に狂って』その②

さて、残るはエレキ、ピアノ、オルガンの3パート。
とりあえずいちばん手っ取り早くできそうなオルガンの音を録ることにした。
バラードならば裏メロなどをあれこれ考えるのだが、軽快な曲なのでコードメインでよかろう、前半はコードだとちょっとうるさいので単音でやるか…?
しかし単音では逆に音が小さい。
結果、前半はオクターブ、サビはコードで録ってみた。

そうこうしているうちに連休になった。
休日は録音に集中できるチャンスである。
エレキは夜中でもできるので、懸案であったピアノにチャレンジすることにした。

ピアノは案だけで白紙状態である。
まずは音を拾うところから始めねばならない。
音の駆け上がりは単音ではインパクトがない。
オクターブで弾くときれいに響くのでオクターブにしたい。
それは分かっているのだが、実は今までそういう弾き方をしたことがない。
まずは指の練習からなのである。
オクターブとそれに続くコード…Bメロの部分なのであるが、ここを集中して弾く。
何度か弾いているうちに指がついて来るようになったので録音。
ここができるとサビ。
サビは2音で進めたいのであるが、どの2音にするかをまず決めなければならない。
あれこれ探り、響きのいい2音が決まるとこれを指と目に覚えこませる。
そして弾けそうになると録音。
これだけで同じフレーズを何回弾いたのだろうか…?
忍耐の要る作業である。
そしてイントロとAメロはコード弾きなので比較的早く終わり、ふむふむ、いい音が録れたわい、と満足して一日が終わったのであるが…

翌日はエレキの日、と思ってここまでの録音を聞いてみたのだが、どうもピアノの音が鮮明でない。
アコピからのライン録りでは籠もったような音になってしまうのである。
う~む、どうするか?
苦労して録ったピアノ、没にするのはもったいない。
しかしこれではなぁ…

暗澹たる気持ちの中、それでも気を奮い立たせキーボードのブライトピアノの音を使ってもう一度弾き直してみた。
こちらは逆にちょっと音が軽すぎるような気がするのだが…それでもアコピよりは音が鮮明である。
結局キーボードの音を採用することにした。
同時にイントロ、Aメロではピアノが入るとちょっと音の重なりがくどいように思えたので(アコギの音が目立たなくなってしまう)、この部分は消去することにした。

さて残るはエレキである。
まずは間奏のソロ。
少し捻りと深みがある音がいいな、と思いMTRのエフェクトからClearSkyという音を選択し、なんとなくこんな風、というイメージは出来ていたので、これまた音を拾い指を動かしてみる。
動くようになったところで録音。

ここでまた思案。
間奏部分に登場したエレキ、実際にライブで演るとすると間奏だけの登場というのも寂しい。
しかしリズムはアコギでやってるし、曲の雰囲気からしてアルペジオはあるまい。
そうすると所々でのオカズということになるのだが、ピアノとの兼ね合いもあるし、どう食い込ませて行くか?
あまりやり過ぎるとうるさいし。
などと考えていて、ふと伸ばした指が何気なく6、5弦に触った。

お、こりゃイントロに使える!?
さっそくイントロの出だし2音に6、5弦の開放音を合わせてみた。
いいじゃん、これ。
そのまま音を下降させてみる。
うむ、使えそうだぞ…しかし響きからするとハーモニクスの方がきれいだな…でも下降音全部のハーモニクスは無理だし…
何かいい音はないか?とMTRのエフェクトを捜したところ、GtPadというのが見つかった。
いわゆるバイオリン奏法のような音である。
見つけたときには小躍りした。
へぇ~、こんなのがあったんだ!!

そのままイントロを録音。
それから曲を流しながら適当にオカズを弾いてみて、最終的に最小の絡みだけにすることにした。

さて、最後の仕上げはリズムの設定である。
MTRのリズムガイドを使うのであるが、最近はドラムのオカズにも結構こだわりが出てきたので、ある部分はバンクをそのまま使い、ある部分は打ち込む。
これがまたなかなか時間のかかる作業である。
打ち込んでは聞き、聞いては打ち込み…2日がかりの作業になった。

そしてすべてのパートが出揃い、いよいよミックスダウン。
ミックスの後はマスタリング。
こうして『恋に狂って』が出来上がったのである。

いつも思うことであるが、曲のアレンジというのは何度も何度も聞き返していると(作業の過程で聞き返さざるを得ないのであるが)、次々と新たなアイデアが湧いてくるものである。
現時点ではこれがベストなのであるが…例えば、Bメロの部分、音の重なりがチラッとだけグロッケンのように聞こえるところがある。
実際にここにグロッケンを入れてみたら…とも思うのだが、その労力を考えて今回は目を瞑ったが、こういうところにもアレンジの種が潜んでいるのだなぁ、と思う。

作曲、作詞から始めてアレンジ、演奏というのは何度やっても面倒な作業である。
しかし出来上がった作品は自分的には名作である。
何と言っても自分の好み通りに作っているのだから。

さて、ひとつが終わったから、また次に進まねばならない。
既にアイデアの萌芽があるのだから…

スポンサーサイト
  1. 2007/09/22(土) 04:12:12|
  2. 曲作成の過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『恋に狂って』その①

新曲ができあがったので作成過程を書いておく。

まず閃きはサビのメロディであった。
なぜ浮かんできたのかはわからないが、エレキギターを触っているうちにメロディラインが出てきた。
さっそくコードを探ってみたが「ふ~ん、こうなるのか…」という感じ。
忘れぬよう、とりあえず録音しておいた。

次は発展形である。
このメロディに持って行くまでをどう繋げるか?
ここで頭の中にストックしてあった別の曲の断片を結合してみた。
うむ、これで行けそうじゃ…ということで、メロディがとりあえず出来上がり。
忘れぬよう、コードとメロディを録音しておく。

ここからが本番である。
メロディに対してイントロや間奏、リピートを考えねばならない。
とりあえず1番の長さからして2番で終了では簡潔すぎる。
そうするとサビをリピートだな…サビをリピートするならばその前に間奏が必要となるがメロディの繰り返しでは芸がない、何かガラっと変わったコード進行を持ってこなければ…と思案してギターを触っているうちにこの進行を思いついた。
ここはおそらくギターソロであろうが、どういう音を並べるかは置いといて…っと。

さてここで曲のイメージを固めるために、今回は早々に詞を書いた。
ストックしてあった方の断片には冒頭の部分の詞が浮かんでいたので、これを発展させることにした。
冒頭の部分から来るイメージは「今、自分の居るスタンスが混沌とした状態であり、そこからの出口を探している」というものである。
となれば、キーワードは『出口』である。
そして「混沌とした状態」から連想したのは「わかっちゃいるけど止められない、けれど突っ走るわけにもいかない恋」である。
方針が決まればそれに見合った言葉を捜すのが次の作業。
語呂がいいようにそれらしき言葉をちりばめているうちにサビの詞が浮かんだ。
おお、こりゃいいや、いっそのことこれを題名にしてしまおう、インパクトもあるし…

こうして詞も出来上がり。
いよいよ録音である。

録音に際してはまずテンポを決める。
デモを聞いて♪=118であることが判明したのでリズムガイドを設定。
この時点ではややこしいオカズやブレイクなどは入れない。
ブレイクなどを入れると出だしのタイミングが合わなかったりするからである。
淡々と同じパターンだけを流すことにしている。

そしていつも通り、まずはギターでリズムを刻むところから始めようと思った。
これが他の楽器の道標にもなるのである。
しかしここで躓いた。
気の利いたイントロが浮かんで来ないのである。
E→Esus4→E→E9ではあまりに芸が無さ過ぎる…とは思うのだが、あれこれ考えてみたのだがどうしても思い浮かばない。
というか出だしにはこの進行がいちばん自然なのである。
仕方なくこれでやることにした。

次に今回は詞ができているので、先にヴォーカルを録った。
これで弾き語りの状態になった。

順番としては次はピアノを入れたいところなのであるが、ピアノはサビの前の駆け上がりとサビで2音の和音を使いたい、というくらいしか構想ができていない。
これは時間がかかりそうなので方針を変更してベースを先に済ませることにした。

ベースはこれまたいつものことであるが、構想も何も無い。
コード進行に合わせてとりあえずルート音を拾ってみる。
それができたらリズムに合わせて適当に弾いてみる。
弾いているうちに「ここでちょっとこんな音を入れてみるか」というアイデアが湧く。
まずはAメロを終了。
Bメロではまた同じことを繰り返す。
サビ、イントロ、間奏も同様。
一曲通しでベースラインを作ってから録るのではなく、分割作成&録音である。
ベーシストではないし、ライブでもないので許される手法であろう。(笑)
そして一晩でベースは完成。

ここまでが前回簡潔に書いたことの裏話である。

  1. 2007/09/22(土) 02:43:42|
  2. 曲作成の過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ま、こんなところです。

ライブが終わった。
今回は出演者が増え6組。
出演者が増えるということは必然的にお客さんも増えるということであり、ほぼ満席。
演奏の方はピアノ弾き歌いで最後にミスしたが、まあまあというところであろうか。
しかし毎月ライブというのはやはりしんどいものである。
普段から練習をしていないからなのであるが…その点、数をこなしている方々はすごいと思う。
ま、私の場合、練習よりも本業と新曲作りに時間を割いているからな…ということにしておこう。
ということで来月のライブは欠席させていただきます。

さて。
あちこちのサイトに登録している私であるが、携帯着うたサイトがどのようになっているのか記しておこう。
(PCのサイトについては試聴、ダウンロード数が表示されるが携帯サイトは管理者にしかわからないので)
まずmusic.jpであるがダウンロード数が200を越えた。
「最後の夜」「禁断のうた」「素顔」「いつもいつまでも」あたりが20回以上ダウンロードされている。
JKEN MUSICでの試聴数も200を越えた。
こちらのダウンロード数は30と少ないが「Another Day」と「DAY BY DAY」が各6回。
こちらにはmusic.jpでの上位4曲は登録していないのだが登録したらどのような結果になるのであろうか…?
そしてMusixy。
ここはアクセス数しか出てこないのだが6月の登録以来、6月は48、7月は78、8月は68と結構アクセス数が伸びている。
もちろん0の日もあるが多い日には2桁のときもある。
ありがたいことである。

その他の話題としては、某レコード会社からオムニバス盤への参加のお誘いがあった。
もちろん前回のレコード会社とは別の会社である。
参加条件は前回の会社と似たようなものであった。
ちょっと心が動かないでもなかったが今回は自重してお断りさせていただいた。
また新作「夏宵(piano version)」を自分の写真サイトのバックミュージックに使いたいという方、ネットラジオで流したいという方がおられた。

このように、広い世間には拙作を気に入ってくださる方々もおられるのだあ…と思うと本当にありがたい。
ますます励みになる。

そして新曲。
今回は詞もできあがっておりいつでもスタンバイ状態であった。
しかしイントロを思いつかず悩んでいたのであるが…
ま、とりあえずやってみようと思い、録音を開始。
日曜日にアコギとヴォーカルを録った。
今日はベースパートを録音。
なんとか形になるような気がしてきた。
あとはオルガンとピアノとエレキだな…。

今月中にはできあがるはずである。
できあがったら試聴、よろしくお願いします。
  1. 2007/09/11(火) 06:22:35|
  2. 私を取巻く音楽事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日の仕事

各方面で曲は発表しているものの、個人的に作ったCDというのはまだお目にかけていないので、今までのディスコグラフィというものを作ってみました。
私がどのようなジャケットデザインをしているか、ちょっとお見せしたくなったのです。

ホームページをいじるのはちょっと面倒なので、このブログのリンクから行けるようにしました。
興味のある方は御覧になってください。

さて、今日は恒例ライブです。
午後からちょこっとだけ練習しました。
そろそろ出かける準備をせねば。
では、御機嫌よう!!
  1. 2007/09/08(土) 16:53:35|
  2. 私を取巻く音楽事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『夏宵』

新曲である。
先日ピアノソロを完成させ、今日、ヴォーカルバージョンが完成した。

情緒たっぷりのピアノソロに比べヴォーカルバージョンは爽やかなフォークポップである。
ピアノソロを聞いていただいた方にはヴォーカルバージョンは意外かもしれない。
別物に聞こえるかもしれない。

しかし、これはどうでもいいことかもしれないが、ヴォーカルバージョンの方が本家である。
先日書いたように録音する順序は逆になったが、タイトルの『夏宵(かしょう)』も詞のイメージからつけられている。
ただピアノソロを録音した時点ではまだ詞ができあがっていなかっただけである。
そこのところをお間違えのないよう。
(あくまで私のこだわりで、聞く側にしてはどちらでもいいか…?)

では『夏宵』について解説したいと思う。

この曲はイントロから生まれた。
ギターでGのコードを触っていて「お、こりゃ爽やか!」という感じ。
ふむ、これはアコギメインの曲になるな、という予感。
構想としてはアコギ2本とヴォーカルというパターンである。

さて実際に歌ってみるとキーはDであることが判明した。
録音にあたってはまずメインのアコギから始めたのだが、Dのコードではこのイントロの音が出しづらい。
Gのコードを使うならば7カポでやることになるのだが、7カポで1stギターはちょっと音が硬すぎる。
どうするか…?
そこで2カポのCでやってみた。
イントロは似て異なるものであるがまあ近い雰囲気である。
本来の音は2ndでやることにしてとりあえず2カポCで録音した。
サビのAm→Ammaj7→Am7→Am6の進行のところが低音では押さえづらいが、まぁなんとかクリアー。

次は2ndギターでのイントロである。
2ndは7カポGであるが、弾いてみて1stとの音の絡み具合がいまいちである。
いろいろ触っているうちにカポをはずした状態で1~4弦を押さえると4弦のベース音がちょうどいい具合であることに気がついた。
さらにこれでハーモニクスを入れてみると…
う~む、爽やか!

しかしこの指使いはちょっとキツイ。
これで最後まで通して弾くのは無理である。
しかもハーモニクスへの移行がスムーズでなく、いい音が出ない。
ここは誤魔化すしかない。

ということでとりあえずイントロのみこのポジションで録音。
ハーモニクスは3rdギターでやろうと決めた。
つまり自動的に1stが左、2ndが右、3rdが中央という構図ができたのである。

この時点でとりあえずヴォーカルを入れてみた。
全体の雰囲気がどうなるか(その後のアコギをどう入れるか)知りたかったのである。

一般に録音の過程では随時アレンジを考えている。
ギター3本構想もそうであるが、何度も聞き返しているうちに加えるべき楽器や音の案が流動的に浮かんでくるものである。
今回もヴォーカルを入れる時点ではコーラスの構想はなかった。
ただ裏メロは頭の中にあり、これを2ndギターで弾こうかと思っていたところであったのだが…
ヴォーカルを録音するついでだから実験的にコーラスを入れてみた。
まずかったら却下すればいいや、と思いながら。
しかしやってみると案外これが良い。
却下するには惜しい出来である。

ここまで録音してもうひとつ気がついた。
本来はリズム(ドラムもしくはパーカッション)を入れる予定はなかったのだが、録音のためにとりあえずのリズムガイドを使っていて、どうもリズムがあった方が曲が引き締まるように思えてきたのである。

ここでまた方針変更。
リズムパターンは最後に作るとして、構成はギター3本とヴォーカル、コーラス、ドラム、これが最終形態である。

さて1stギター、2ndのイントロ、ヴォーカル、コーラスまで録り終えた。
次は2ndの全体録りである。
3rdを入れることに決めたので2ndはややこしいことはしなくてよい。
弾きやすさを考えて、ここは当初の7カポGでやることにした。
そうはいっても1stとの音の絡みを考え、随所で手探りを重ねながら、である。
右手のパターンを変えたり開放の音を使ってみたり…結構時間がかかるものである。
ま、正直にぶっちゃけてしまえば、面倒なので同じパターンはコピーしている部分もある。

これでやっと曲らしくなった。

ここで間奏の作成。
間奏はこれはもうアイデアの世界である。
頭の中でおおまかな気持ちよい音の進行パターンを思い浮かべてはいるのだが、それがそのままできるかというと、なかなかそうはいかない。
しかも作業するのは夜中である。
いろいろなパターンを弾いてみるのだが大きな音が出せないのでヘッドフォンをつけてエレキでやってみる。

これが実に暑い。
夜中にエアコンつけっぱなしも顰蹙を買うので団扇片手にああでもない、こうでもない…と。

ま、そうやって弾いていると偶然のフレーズというのも出てくる。
今回もそうであるが、その偶然のフレーズを一部採用した。
しかし偶然で出てきたものは自分でもなかなか再現できないものである。
あら、これはどこのフレットを押さえているんだ?みたいな。(笑)
もちろん思考して捜したフレーズも採用している。

そうやってエレキで弾いた間奏、本来ならばここもアコギで弾くつもりであったのだが、このエレキもなかなか良い音である。
ノンエフェクトなのでちょっと柔らかくかつ素朴な音。
さらに方針変更して、これはこのまま使うことにした。
ちなみにこの間奏の録音だけで一晩を費やした。

次は彩りを加えるための3rdギターである。
これはもうオカズ的な存在。
全体の音からしてあまりメロディを弾かず、目立たぬ程度にオブリガートを使った方がよかろう。
と考えたのだが、音を決めるのには結構手間取った。
何よりも響きがきれいでなくてはならぬ。
これまた手探りで半日を費やした。

最後にリズムパターンの設定である。
最近はリズムパターンもけっこう凝ってきたのでこれも時間がかかる。
この程度のパターンでも作り上げるのに3~4時間かかっているのである。
実に地道な作業…。

ま、そうやって音源がすべて出揃いミックスダウン!
さらにマスタリングをかけて…完成!

この瞬間は何度やっても達成感がある。
大いなる満足。
それが味わいたくてやっているのかもしれないね…。
  1. 2007/09/04(火) 03:38:28|
  2. 曲作成の過程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。