音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これは一体…?

CD発売の件である。

その後どうなっているのやら。
先日の電話で「またメールを送る」とのことであったが一向に連絡がない…
と思いきや、今日メールが入っていた。

『まことに申し訳ありませんが、エンジニアの方から収録時間の調整がつかないと連絡がありました。協議の結果、今回音源をいただいたうち、数名のアーチスト様は最優先で次回作に収録させていただきたいと思います。』
『応募者が殺到した背景もございますが、すべて私(担当者)の責任でございます。』

はぁ…そうですか…

一応楽しみにしていただけあって、ちょっと残念である。
一体どういう事態になったのであろうか?

今回のCDの収録アーチスト数は36組なのだが、私の場合はまずあちらからオファーがあった。
一方、ネットでは一般からの音源を随時募集している。
一般からの応募が相当数あろうことも想像に難くないし、その上に会社の方から声をかけた数もかなりあるということであろう。
結果として予定数をオーバー。
それが『背景』なのだろうが、要するにいわゆる『青田刈り』をやりすぎたということであろう。
読みを誤ったと言うべきか。
声をかけておきながら収録できなくなった…担当者はさぞや慌てたであろう。

ま、それはそれで一向に構わない。
別に詐欺にあったわけでもないし(注:この話を妻にしたところ、第一声は『それであんた、いくら払ったん?』だった。)次回作には最優先で収録されるとのことなので私が法螺吹きと後ろ指を指されることもあるまい。
ましてや担当者を責める気など毛頭ない。

それにしても…
私の場合は予想もしていなかったところに降って湧いた話だったので「はぁ、そうですか…」で終わりであるが、他の数名のアーチストの方々はどのように受け止めているのだろうか?
むしろそっちの方が気になる。

なお、次回作は22作目で7月7日発売予定とのこと。
ぞろ目なのでなんだかいいじゃないですか。
(注:私は2という数字が好きである。特に2のぞろ目は好きである。)

ということで期待していただいた知人の皆様には申し訳ありませんが、7月までしばし待たれよ!
スポンサーサイト
  1. 2007/04/20(金) 03:45:34|
  2. 私を取巻く音楽事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。