音霊草子

一音入魂! 日々、オリジナル曲の作成にうつつを抜かしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

げげっ!!

相も変わらず…なのであるが。
ようやく5曲のリテイク・リミックスが仕上がった。
さて次に行こう、と思い久々にアコギの弦を買ってきた。

弦はここのところずっとエリクサーを使っている。
1ヶ月は十分に良い音が出るので面倒くさがりの私にはもってこいである。
と言いながら前回張替えてから実際には1ヶ月どころか既に3ヶ月が経過している。
さすがのエリクサーも錆が浮いてきた次第。

みなさんは弦の張替えは得意ですか?
私はとっても苦手です。
特に1、2弦は細くて滑るので大嫌い。
これも弦を張替えたくない理由のひとつ。
そして弦を替えたら余った部分は必ずニッパーで切ります。
長く残しているのはカッコいいけれどシャランシャランとうるさい。
おまけにこのシャランシャランは録音の音にも入るのですな。

くるくる巻くのもカッコいい。
しかしこれも巻いてみると方向がてんでバラバラになってしまって、結局みっともない様になるのです。

ま、それはさておき。

弦を通してペグを巻き始めた時…ピキっと音がして何かが飛んだような気がした。
あらっ?とは思ったが、ま、いいか。
そのままくりくりと締めてゆく。

何か変である。
いつもと比べてペグが硬く、しかも弦の伸びが悪い。

あらためて畳の上を見た。
何かベビースターラーメンのかけらのようなモノが落ちている。
老眼のため小さいものが見えにくい私は眼鏡をはずしてそれを手に取った。
直径6~7ミリの半円状のモノが2個…

???

あらためてペグを見てみると、それはペグのツマミと本体の間のクッションだったのである。
そしてさらによく見ると、他にも2個のクッションが既に割れかけていた。

う~む、この影響はどう出るのであろうか?
ま、たいしたことではなかろう、とタカをくくって、とりあえずすべての弦を交換した。
これでまたリテイクの続きができる。
不安を期待にすりかえた私はチューニングを開始した。

当たり前のことであるがチューニングは低音弦から始める。
いつもよりも音が不安定な気もしたが張替えてすぐはこんなものであろう、2~3日すれば落ち着くであろう…
そう思いながら最後の1弦を締めた瞬間!

……切れた。

パキンという音が響き、1弦はだらしなくぶらさがった。
その時の私はなんとも間抜けな顔をしていたことであろう。

ここまでの結果は予想していなかった。
クッションは実は小さな体で大きな負荷を受け止めていたのである。
恐るべし、クッション!
バカにできないぞ、クッション!

などと感動している場合ではない。
とりあえずリペアーしなければ…。
とは言っても今度楽器店に行くのは木曜日である。
それまではどうしようもない。
うまく合うペグがあれば良いが、なければ取り寄せねばならぬ。
それまではリテイクもクソもあったものではない。

そして悲しいことに高価なエリクサーの弦ももう1度買わなければならない。

穏やかな秋の夕べ、沈む夕陽を背に受けながら悲しみに暮れる私であった…。

ペグ

スポンサーサイト
  1. 2006/10/30(月) 02:03:02|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表と裏

相も変わらず編集作業を続けている私であるが、遅々として進まない。
何故に進まないかというと妥協点がなかなか見つからないのである。
機材がワンランクアップしたことによって今までのアラがどんどん耳についてくるのである。
音源の根本的な部分、すなわち楽器の質による限界点あるいは私の技術的な限界点についてはどうしようもない。
しかし機械操作によってこれらが変貌する部分、すなわち音量のバランスだとか定位のバランス、こういうものこだわり始めるともうダメである。
ミックスダウンしているときには最良のものを作っているつもりでも後になっていまいち、ということが多い。
極端な話、前夜聞いて「これで行こう。しかし今夜は遅いのでミックスは明日にしよう。」などと考え、一夜明けて聞いてみると「いや、ここはこうした方が…」という具合である。
無限のループに、深淵にはまってしまうのである。

こんな時にふと思う。
『ワシは何をやっとんじゃろう…?』

そもそもなんでこんなことをしてるのかしらん?
曲を作る。
これは自然に湧いてくる欲求であるから良しとしよう。
しかし曲が生まれた瞬間から曲は自分のものであって自分のものでなくなる。
つまり、以前にも書いたことであるが、曲というものは聞き手がいてこそ意味のあるものである。
作った以上、誰かに聞いて欲しい。
できればより多くの人に聞いて欲しい。
さらに聞いてもらうことによって何らかの評価を得たい。
そして良い評価が多いと嬉しいのは言うまでもない。

そういうことでできた曲をあちこちにアップしたり、あるいはアルバムという形で知人に配ったりする。
さて、その先は?

たとえばその曲がまったく評価されなかったら悲しい。
曲を作る意欲も失ってしまうかもしれない。
逆にすごく評判が良かったら?
嬉しいには違いないがそれに乗っかってデビューを目指すとかライブをやるとか、そういう気はない。
もしもそうなったらきっと面倒さに辟易してしまうであろう。

アルバムを配った先からは「すごいね~」とよく言われる。
もちろん嬉しい気持ちになるが世の中には私レベルの人はごまんといる。
その上にさらにセミプロやプロの方々がいるわけだから、私などは底辺の存在である。

それでもやっているのは結局は自己満足なのであろう。
こんなものを作りました。
ちょっと聞いてみてください。
おお、気に入ってくれましたか、それは良かった。
なに、これはイタダケナイ?ではもうちょっと精進しましょう。

と言って、自分の時間を音楽に使う。
結局のところ、それ自体が楽しいのであろう。
楽しみと苦しみが紙一重というのも妙なバランスだと思うが、趣味というものはそういうものなのであろうな…。

  1. 2006/10/22(日) 07:11:07|
  2. 音楽について考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アコースティックセッション・バーにて

一昨夜、ふと思いついて飲みに出かけた。
行き先はアコースティックセッション・バー。
音楽友達がこの10月1日に開店したばかりの店である。
開店日にはお祝いに行ったが、その後の状況はどうなのか、ちょっと覗いてみようという気になった。

11時頃に覗いてみたのだが、意外と(というのは失礼か…)客の姿が見える。
おお、結構流行ってるじゃん、と思いつつカウンターに座った。
何気なく予定表を見たら今日はライブ日だったのであり、客はその余韻であろう。
もちろん私が顔を出した時にはライブはとっくに終わっていたのだが。

しばらく居たらママが「セッションをやろう!」と言い出した。
ママはピアノ担当である。
すると私の隣に座っていた『いかにもロック』という風体の御仁が立ち上がり、フロアの中央に置いてあるベースを手にした。
そしてブルースが始まった。

私も負けじと傍に置いてあったアコギを手にした。
さらに向こうのボックス席からもう1本のアコギでソロフレーズを弾く音が聞こえてきた。

途中ママがオーダーを作るために抜けたので、すかさず私がピアノに移った。
しかしたいしたことは弾けない。
せいぜいコードを追うくらい。
怪しいソロフレーズを弾いてみたりはしたが算あってのことではない。

ひとしきりブルースをやり、一段落したところでベースの御仁がピアノの前に座った。
この方、ピアノも弾くのか、と思ったら…私より数段上手いではないか!
ああ、恥ずかしい…ピアノ、弾かなきゃよかったな…

そしてママがピアノに戻った。
「何やろうかな~」と言いながら楽譜のページをめくり『煙が目にしみる』を弾き出した。
今度は先ほどの御仁、歌いだした。
これがまた美声で上手いのである!

う~む…すごい。
私もあれこれ手を出してはいるがどれも中途半端。
それに比べ本当のマルチ・ミュージシャンとはかくありき、のようなお方である。
世の中、すごい人はいっぱいいるのだなぁ、と感動とともに、我が身の
拙さをつくづく感じた夜であった。

ちなみにこの御仁、本日のライブに出演した地元では結構名の知られたデュオの片割れである。
やはりライブに出るようなミュージシャンは生半可な力量ではないのである。
いつか私も人前で歌えるレベルになれるのであろうか…?

  1. 2006/10/17(火) 16:41:47|
  2. 私を取巻く音楽事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

な~んだ。

本日もリテイク。

今日は初めてエレキギターをBR-900に接続してみた。
532と比べるとかなりエフェクトの数が増えているので、まずはこれの確認である。
一つずつ弾いてみる。

う~む…音がより生に近くなってはいるが、いまいち迫力がないのは気のせいだろうか?
そして私好みの音が…ない!

こりゃ、えらいこってすよ。
532の時はいくつか好みの音があり、それを曲によって使い分けていたのであるが、簡単に選択できた。
あの音が再生できないのであればリテイクもクソもないではないか!
どうしたものか…?

とりあえず532の好みのエフェクトがどういう名だったのか調べなければならない。
しかし、実は532の取扱説明書は紛失していたのであった。

ならば、とBOSSのサイトに行ってみた。
おお、過去の製品に関するページがあるではないか!
そこには532の取扱説明書も載っていた。
ふむふむ、そういうエフェクトだったのかい、と納得して同じ名前のエフェクトをチェックして再度ギターを弾いてみる。

・・・やっぱ、どうも違うんだよなぁ。
などと思いながらさらに説明書を読んでみると、エフェクトの中味、すなわちDelayだのCompressorだのPreAmpだの、その他もろもろの組み合わせを変えることができるらしい。
532ではここまではやらなかったが、やはりそういう機能もあったのであろうか…?
というか、面倒なのでエフェクトの番号だけを選んで気に入った音があったので素通りしてしまったのだが。

ま、やってみよう。

すると、おお、これこれ、この音よのう!
好みに近い音が出るじゃないの。(^.^)

さすが先進の機能搭載、こうやってより好みの音を作るわけか。
しかし面倒臭がりの私にはちょっと煩わしい機能ではあるなぁ…。

ま、とりあえず一安心。

そしてさらにBOSSのサイトを見ていると、なんと900のWAVコンバーター(864、532兼用)があった!
そんなこと説明書のどこにも書いてなかったぢゃないか…不親切だぞ、BOSS。(532の時はちゃんと書いてあった。)

早速ダウンロード。
これで不便であったインポート・エクスポートの時間が短縮できる。
もっと早く気づけば良かったよ。

今日のところはまだコンバーターは使っていないが、これで明日からの録音にもはずみがつこうというものである。
BR-900、まだまだ研究の余地あり!





  1. 2006/10/15(日) 05:39:36|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孤軍奮闘

夜毎ヘッドフンを装着してMTRに向かっている私である。

さて前回の落とし穴であるが、何が不便か、というと…
たとえば各パートのミックスが終わったとしよう。
ミックス前には何度も聞き直しをするので最良のミックスをしているつもりである。
そしてミックスした音源をファイルに保存する。
一段落ついたので各パートの音源を消去する。

ところが保存した音源を聞き、いまいち気に入らないところを発見したとする。
そうすると再び各パートをMTRにインポートせねばならないのだ。
これが最終ミックスであるとその前のミックスにまで戻らねばならない。
大変な時間の浪費である。

ならばメモリーが十分にあれば各パートを消去しなければよいのではないか、と思われるであろう。
しかしそうすると今度はどこにどのファイルが入っていたのかということがややこしくなる。
いちいちメモを取りながらやっていないと混乱する可能性が大きい。

これがここ数日で最も感じたことである。

しかしながらもちろんいい点もある。
(ないと困るのだが。)
①インポートには時間がかかるが、トラック数が多いのでミックスダウンの回数は少なくて済む。
結果的に要する時間は同じということか。
②実際に楽器からの入力をしてみてわかったのだが、音質は格段に良い。
キーボードを使ったパーカッションの音はかなり生に近いのではなかろうか。
③ミックスダウンの後のマスタリング機能が付いている。
これでさらに音質向上。(たぶん。)
④ドラムパートを自分で作成することができる。
このタイミングでどうしてもシンバルの音が欲しい、という時などにより細かな設定ができる。
⑤ボーカルのピッチを修正する機能が付いている。
実際にやってみたが…これは修正部分がちょっと機械的な声になってしまったのでおススメかどうかはいまいち不明である。

まぁ、このような状況でやっと2曲目のリミックスが終了。
日暮れて道遠し…
  1. 2006/10/12(木) 01:47:14|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落とし穴

さて、その落とし穴である。

BR900は最新の機種なので(しかも旧機種では532のワンランク上の864の後継機種)532と異なる点がいくつかある。
中でもいちばん大きな違いは本体とPC間とのデータ(音源)のやりとりがUSBを介して行われる点である。

私の場合、曲を最終的にCDに書き込んだりmp3に変換するため、データはWAV形式で保存している。
この音源をWAVに変換する際に532の場合はWAVコンバーターというメーカーが用意したソフトを使っていたのだが、これが大変便利な代物だった。

録音あるいはミックスなどが終わると曲の入ったメモリー媒体(スマートメディア)を本体から抜く。
これをPCに接続したリーダー・ライターに差し込む。
ここでソフトをクリック。
すると次のような4×8マスのトラック使用状況画面が現れる。

BR532 Web converter


データが入っていればそのマス目に色がつく。
ここをクリックしてさらに入力ボタンをクリック。
あとは保存先を指定して名前をつけて保存。
これがだいたい10秒くらいで行われる。
PCからデータを取り出すときはこの逆で、空いているトラック(マス目)をクリックして出力ボタンをクリック。
保存先からファイルを選んで開けばOK。
こちらは多少時間がかかるが20秒くらいである。

900の場合もまぁ似たようなものかな、と思っていた。
ところが実際に使ってみるとUSBで直接やりとりするというのが結構
面倒であることがわかった。

本体からデータをPCにインポートする場合、まずカーソルとボタンでUSB→インポートを選択実行する。
これでコンバートと転送が始まるのだがこれに少なくとも30秒くらいはかかる。
転送が終了するとPCのマイコンピューター画面に900のアイコンが現れる。
ここでアイコンをクリックしてROLAND→USBフォルダとフォルダを開く。
USBフォルダの中にコンバートされたWAVデータが入っているのでこれを保存先にドラッグ&ドロップ。
この保存にまた30秒くらいはくらいかかる。
エクスポートはこの逆で本体のエクスポートを選択したのち、現れたアイコンを開き保存先からUSBフォルダにWAVデータをドラッグ&ドロップ。
書き込みにやはり30秒はかかる。
そしてエクスポートを開始し、取り込んだデータをメディア(コンパクトフラッシュ)に写すのにまた30秒。

さて私の場合、録音のやり直しをする可能性を考えてWAVデータはすべて各楽器、パートごとにいちいち保存している。
たとえばギターであればアルペジオ、ストローク、イントロソロ、間奏ソロ、エンディングソロとあれば5つのファイルがあるわけである。
リミックスするためにはこれを1個ずつインポートせねばならない。
そうするとインポートだけで5~6分くらいかかってしまうということになる。

そしてインポートされたデータは自動的にHi-Fiの音質に変換される。
よってリミックスが終わった時点でのエクスポートは新たなリミックス音源プラス各パートということになり、上記の場合は6~7分かかることになる。
(インポート、エクスポートとも一度に1ファイルしかできない。同時に2つのファイルの入出力はできないのである。)

これは大変時間のかかる作業である。
過去の音源は各曲につき平均10以上のファイルがある。
リミックスに費やす膨大な時間を考えると気が遠くなりそうになる私であった…。
  1. 2006/10/09(月) 11:57:03|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買ってしまったのだが…

061007_0426~001_160.jpg


日記をこちらに移動しました。

さて、先日来、過去の曲のリテイク、リミックスに勤しんでいる私であるが…
ついに現行MTRをあきらめねばならぬ事態になってしまった。

記憶媒体のスマートメディアが製造中止になりショックを受けたが、通販にて入手し一安心、とういうことを先日書いたばかり。
ところがこのスマートメディアが早々と2枚とも潰れてしまったのである。

媒体が過酷な使用に耐え切れなかったのか、カードスロットがイカれてしまったのか、MTR本体に問題があるのか、それは定かではない。
とにかくエラーが出まくりで、あれこれ媒体の復帰を試してみたのだがどうもうまくいかない。
このあたり機械に弱い私には苦手なところである。

しかし、現在もリテイク続行中である。
ここでまたあらたにスマートメディアを購入するか否か?

スマートメディアというのは結構高価なものである。
128MBで1枚が約8000円。
現行の他の媒体に比べると記憶容量からすれば倍の値段である。
しかもメモリー部がむき出しのため、ちょっと汚れが付いたりするとメモリーが飛ぶことも多い。
確かにあまり良い媒体ではないと言えよう。
製造中止になったのも頷けるところである。
また買って潰れればランニングコストがかさんでしまう。

思案の末、なけなしの財布をはたいて遂に本体MTRを買い換える決心をした。

さてそうなると機種選びである。
各社の現行機材のカタログを物色した。
どうせ買うならば今度は8トラックにしたいところである。

ZOOM、BOSS、TASCAMと見比べ値段と相談した。
結果、最終的に選んだ機種はBOSS BR-900CDである。
いちばんの理由はデザインが現在使用しているBR-532とほとんど同じだからである。
各ツマミの配置などがまったく同じ。
値段もちょっと高くなり、媒体がコンパクトフラッシュというところが気に食わないが、機械に疎い私には使いやすいのが一番であろう。
ちなみにワンランク下のBR-600はデザインがまったく異なる。
またZOOMのMTRは媒体がSDカードというところが良さ気なのだが、メーカーが異なればまた一から覚え直さねばならない、と考えた次第。

こうして新機材を抱え、新たな制作意欲に燃えながら嬉々として家路についた私であった。
しかしいざ使用してみると、大きな落とし穴があったのだった!!

  1. 2006/10/07(土) 05:15:51|
  2. 楽器・機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

音霊居士ことATSU

Author:音霊居士ことATSU
ある日、空から音が降ってきた。
ひらめきを形にするため宅録を開始。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。